1 of 8

CBRE Tokyo

Tokyo, Japan

シービーアールイー ジャパン

東京都

In relocating four Tokyo locations into a single headquarters in Marunouchi, real estate giant CBRE sought to drastically change its corporate culture and work styles to more closely align with the firm’s image as a the premium real estate agency in Japan. The new office encourages sharing, collaboration and proactive work styles, with free-address seating, clear delineations of activity-based work areas and an aggressive goal of 90 percent reduction in paper storage. The design is urban and contemporary, with bright white backdrops accented by natural materials and pops of color. Three walls painted by local artists create a vibrancy consistent with the sleek urban feel.

CBREジャパンは東京の中心である丸の内へのオフィス移転に伴い、トップクラスの不動産エージェントとしてふさわしい企業文化やイメージ、働き方を実現させるオフィスにしたいという明確なプロジェクトゴールを持っていた。 その為には社員同士が情報やアイデアを共有し、常に新しいビジネスソリューションを生み出せるオフィス環境創りが求められた。

90%の書類保管スペースの削減や1:1.4の座席割合によるフリーアドレス化、24種類にも及ぶスペースタイプ等の実現により、社員のワークスタイルに合わせて作業スペースを選べる“Activity-Based Workplace”を実現させた。 デザインコンセプトは“Bright White+Raw Urbanism”。 クライアントエリアは白を基調にプロフェッショナルを表現し、執務エリアはインダストリアルなイメージで自由な発想を促すクリエイティブな雰囲気を出した。 また、街を舞台にサービスを提供するCBREジャパンの為に、3組のアーティストがオフィスにペイントした壁画は、街の持つエネルギーとクリエイティビティを表現している。

 

業務内容
インテリアデザイン
アートコーディネーション

受賞歴
日経ニューオフィス賞