1 of 12

MakMax Flex Experience Center

Osaka, Japan

太陽工業株式会社 マクマックス フレックス エクスペリエンスセンター

大阪府

MakMax, also known as Taiyo Kogyo, is a leader in the design, manufacture and installation of shade structures and tensile membranes. The company aimed to create a new market for tent warehouse business and services and help raise brand awareness in their industry.

Following an in-depth visioning session which helped clarify the client’s key objectives, Gensler re-programmed the project from the original general office facility plan to create a facility center beyond an architectural structure. The experience center envisioned as a space where employees and clients could better understand the value of tent structures and learn about the brand’s history.

The experience center was designed with maximum space flexibility to hold multipurpose events such as meetings and seminars, and inside the center visitors can experience the company’s various products and offerings firsthand. A number of brand’s products and materials were used for the center’s design and construction. Gensler’s design transformed a simple tent structure into an inviting space that brings MakMax’s core values to life.

大型膜面構造物(テント構造物)のメーカーとして高いシェアを誇る太陽工業株式会社は自社製品であるテント倉庫を活用した新たな市場の創出と企業ブランドであるMakMaxのマーケットへの浸透を目指していた。

ゲンスラーが主導して行ったビジョニングセッションでのブランド、社員の将来あるべき姿の議論を経て、プロジェクトは元々の社員用事務所建替え計画から、社内外の人々が体験を通して企業の歴史、製品、ブランドを知ることができるエクスペリエンスセンター設置計画へ転換することになった。会議や研修、イベントなど多目的に使用可能な施設としても機能するようにデザインされた内部空間では、多様な自社製品を最大限活用し、多くの体験タッチポイントを設置している。ゲンスラーのデザインは、シンプルなテント倉庫を明るく快適な体験空間へと変換し、MakMaxブランドの商品に新たな価値を加えた。

 

業務内容
インテリアデザイン
環境グラフィックデザイン
外装デザイン