1 of 5

MedPeer

Tokyo, Japan

メドピア

東京都

In planning for its relocation to new offices, MedPeer, an information-exchange website for the medical industry, sought to improve its operational efficiency and accommodate future growth. To facilitate interdepartmental collaboration and interaction in the new space, a wood walkway subtly guides staff and visitors to an indoor “Central Park,” which serves as the office’s physical and social nucleus and provides a spatial platform for employee exchange and creativity. Graphic prints of binary code cover walls and ceilings, expressing the rapid exchange of information that MedPeer provides its clients.

医者や病院関係者などのみを対象とした医者専用サイトを運営するメドピアは、今回の移転を機に、今後の事業拡大に伴う人員増加に対応するとともに業務効率の改善を図った。「集合知によって、医療分野の変革を行うこと」というメドピアのビジョンを実現させるために、職種や部門を越えるとともに、様々なコラボレーションを活性化され、医師の集合知を活用した新たな価値を創造する場となることを目指してデザインした。

社内外のコミュニケーションエリアを「セントラルパーク」として、オフィス中央に配置した。また、周りには木目調の「ウォークウェイ」を作り、セントラルパークに人々が自然に集まる動線を作り出した。 コーポレートカラーで斜めに描いた床と天井のラインは、社内外から集めた知識・アイデアを未来へと発信していく方向性を表現している。 天井のラインは、単色から標語のグラフィックに変化することで、次のステップに向かうことを強調した。 社内のいたるところに、コンピューター言語の二進法の0と1を使用したグラフィックを提示した。 来客の通る廊下には「メドピアウォール」を設け、蓄積された集合知の象徴としてメドピアを支えている先生方の写真を掲載した。

 

業務内容
インテリアデザイン
環境グラフィックデザイン