1 of 5

Citigroup Japan

Tokyo, Japan

シティグループ・ジャパン・ホールディングス株式会社

東京都

The first “activity-based workplace” in Japan’s financial industry, Citigroup’s relocation of its 2,200-employee support staff represents a transformation to a new way of working. Following a one-year analysis of how the group works, Gensler’s design team applied its learnings to develop an improved workplace that incorporates diverse space types across multiple neighborhoods, and with the high flexibility necessary to respond to organizational change. Environmental graphics and wayfinding, with a Shinjuku neighborhood theme, are a key component of the design, helping to connect employees to the new space, and orienting them and Citigroup’s visitors within it.

グローバルに活躍するシティグループの移転プロジェクトミッションは、CITI WORKSとよばれる、新しい働き方への変革であり、タスクに合わせて働く場所を選べるアクティビティ・ベースド・ワークプレースを日本の金融業界で初めて導入した物件となった。

ゲンスラーデザインチームは外部コンサルタントと共に、現状の働き方調査やCITI WORKSパイロットオフィスでの1年に及ぶ徹底的な検証の結果をもとに、新しいワークプレースを構築した。 ネイバーフッドと呼ばれる各ゾーンに社員が選べる多様なワークスペースを提供し、将来の業務編成に柔軟に対応できる設計とした。

1フロアー5,800平米の大空間には、環境グラフィックがデザインエレメントとして重要な役割を担っている。 さらに、社員一人ひとりが自分たちの場所に愛着を持つよう、新宿をテーマにしたグラフィックをフィーチャーエレメントとしてネイバーフッドにとりいれた。

 

業務内容
インテリアデザイン
環境グラフィックデザイン

受賞歴
日経ニューオフィス賞