1 of 4

IZU Velodrome

Shizuoka, Japan

伊豆ベロドローム

静岡県

The Izu Velodrome is the first 250-meter indoor cycle track to be built in Japan. In creating a wooden indoor racetrack, the client aimed to introduce a facility that could host UCI Category-1 sprinting events and serve as a training ground for Japan’s top cycling athletes. Gensler worked with the client to select a wooden cycle track design specialist — from only three in the world — and worked closely with them, including assessing the facility’s lifecycle costs and creating a cost-effective strategy that balanced the design of permanent facilities with temporary ones used only during world-class races.

日本人選手の強化とUCI(世界自転車競技連合)公認のトラック世界選手権の開催を目的に、日本初の世界標準屋内型板張り250mトラック自転車競技場が静岡の日本サイクルスポーツセンター敷地内に建設された。 ゲンスラーは、世界に数名しかいないトラックデザイナーの1人と協力。 建設計画地の開発許可申請を通した後、施設の基本計画書を作成し、特殊ドーム建築(ベロドローム:自転車競技場)が建設できる設計・施工会社の選定業務を行った。

施主からの要望を反映し、デザイン性の高い施設を計画するだけではなく、立地条件を活かした地下水を利用する空調システムなど、サステイナブル(エコ)でコストパフォーマンスの高い施設を計画。 初期建設コストの削減をした上に、施設完成後のランニングコストの削減にも成功した。 また、ウェブサイトやポスターのグラフィックデザインも手掛けた。

 

業務内容
エクステリアコンセプトデザイン
インテリアデザイン
プロジェクトマネジメント
ウェブデザイン
印刷物グラフィックデザイン

受賞歴
AIAジャパンデザインアワード

Expertise

Recognition