1 of 8

Hotel JAL CITY Haneda Tokyo West Wing

Tokyo, Japan

ホテルJALシティ羽田 東京ウェストウィング

東京都

A 10-minute drive from Haneda Airport, Hotel JAL City Haneda Tokyo West Wing offers added convenience for business and leisure travelers, and will accommodate an influx in flights due to Tokyo’s upcoming 2020 Olympics and Paralympics. Gensler was responsible for the hotel’s interiors, based on the design concept, “J-SELECT.” As the letter “J” stands for both Japan and the word “JAL,” the design theme symbolizes the unique local touches used throughout the space. In the lobby, various graphics inspired by Haneda Airport’s runway are installed on parts of the lobby’s floor tiles, creating a clever wayfinding system that immediately engages visitors. Public areas are decorated with handcrafted works of art, providing further visual interest. On each of the eight floors, corridors contain locally-made furniture and walls are lined with traditional, Japanese-inspired wallpaper. Guests can enjoy four types of guestrooms, with elements that further mirror the country’s culture – carpets that feature traditional, Japanese motifs and bedding made from folk textiles. And, large-scale prints of Japan’s landscapes and cityscapes beautify the walls. The result is a hotel that provides travelers a unique stay through a celebration of Japanese culture.

2020年の東京オリンピックに向けて、国際便や格安航空便の更なる増便が見込まれる羽田空港から10分に位置する「ホテルJALシティ羽田東京ウェストウィング」のインテリアデザインをゲンスラーが担当した。

デザインのコンセプトは「J-SELECT」。「J」はジャパンのJとJALのJを意味し、それぞれの場所に日本的なデザインを取り揃え、顧客一人一人のニーズに合わせたサービスによって、過ごし方を「セレクトできる」というホテル体験を可能とした。ロビーの床には、羽田空港をモチーフにつくられた象嵌タイルを施。 ラウンジでは東京にちなんだ工芸品や商品が陳列され、東京の文化やライフスタイルを感じられる。

ゲストルームのベッドのヘッドボード上部には日本の風景写真(桜、富士山、東京タワー、東京駅)をぼかすことで、まるで心地よい夢をみているかのような雰囲気を演出した 「ドリームボード」を設置。その他に日本の伝統模様モチーフのカーペット、着物の八掛を思わせるベッドライナーなど、日本をイメージさせる素材を採用した。

客室以外にも、各フロアの廊下で紙漉きの手法を使ったクロス、日本の伝統色の採用、日本人デザイナーによる家具を採用するなど、滞在中に常に日本を感じる空間とした。

 

業務内容
インテリアデザイン