Melissa Mizell

Design Director, Principal

メリッサ・マイゼル

デザインプリンシパル
プリンシパル

Melissa believes that great spaces come as a result of designing with the user point of view in mind, and you can see this in her work across many project types – workplace, higher education, aviation design and retail spaces. She is known for her fresh perspective and collaborative design approach, engaging the client and team members in a process that merges programmatic needs, user experience, art and sustainability in a way that brings out the best in the project. Melissa is passionate about sharing knowledge and helping to influence the next generation of designers. She serves on the advisory board of the interior design program at UC Berkeley Extension, and has mentored and taught at CCA and the Academy of Art.
国際インテリアデザイン協会(IIDA)で「注目すべきデザイナートップ10」に選ばれたこともあるメリッサは、20年以上に渡りゲンスラーニューヨークとサンフランシスコオフィスでインテリアデザイナーとして活躍、ワークプレイスから教育関連施設、リテールセンターまで、幅広い分野のプロジェクトに携わってきた。 近年の代表作はサンフランシスコ国内線ターミナルT1,T2, T3改修プロジェクトで数々のデザイン賞を受賞している。  又、大学やカンファレンス等で講演を行うなど社外活動にも積極的に参加し、2015年にはサンフランシスコ・ビジネスタイムズ紙の選ぶ「影響力のある女性」のひとりとして選出された。 以前日本で働いていた経験を活かして2017年6月に活躍の場をサンフランシスコから東京へ移し、ゲンスラー東京オフィスのデザインプリンシパルとして、デザイン戦略・エクスペリエンスデザインを牽引する。

Connect

  • LinkedIn »