1 of 9
1 of 9

Roche Diagnostics

Tokyo, Japan

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

東京都

Looking to shift the work style and expand the visitor area, Roche Diagnostics relocated their office, showroom, and laboratory from Shibakoen to Shinagawa.

This project features an activity-based workspace program that encourages workers to select the space they occupy based on the nature of their work. This facility enhances communication and collaboration with adjustable work desks, focus booths, quiet concentration space, box seats, and social spaces like the cafeteria. A change management program reinforces paperless workflows as a crucial element of an open office environment.

The space also includes a Roche brand journey experience intended to enrich visitors' understanding of the facility and the Roche brand via a showcase walk from the lobby to seminar rooms with visual access the laboratory facility.

社員の働き方改革と顧客向け施設の拡充に向けた、オフィス、ショールーム、ラボラトリースペースの移転プロジェクト。

執務スペースでは、社員が仕事内容に合わせて働く場所を自由に選択できるアクティビティ・ベース型ワーキングを支援する環境を整備した。コミュニケーションとコラボレーションを促進するオープンな空間をベースに、昇降式デスク、フォーカスブース、会話禁止クワイエットスペース、ボックスシートやカフェテリアといった多様なワークスペースを用意した。チェンジマネジメントを推進し、ペーパーレス化を計ることでオープンなオフィス環境を実現した。

「ロシュ・ブランド・ジャーニー」が構築され、ビジターが訪れた瞬間からロシュブランドを効果的に実感できるような空間構成とし、商談やセミナーを開設できるエリアを併設したほか、コールセンターやラボスペースもガラス張りとしたことで施設内の見学ができるような設えとした。

業務内容
フィジビリティスタディ
ワークプレイスコンサルティング
インテリアデザイン