1 of 7
1 of 7

Deloitte Greenhouse

Tokyo, Japan

Deloitte Greenhouse

東京都

Deloitte Greenhouse is a modern CxO (corporate executives) space that offers a flexible environment for solving business challenges through various sessions. The service is available in 25 countries and regions around the world. Gensler designers took inspiration from the principles of the Japanese tea ceremony, known as “Wa Kei Sei Jaku,” which includes showing respect for one another, regardless of status, and with a peaceful state of mind. This Japanese philosophy was interpreted into the concept design, which aims to create a space that encourages new ideas.

The facility entrance leads visitors through a dark tunnel that is shaded by living bamboo trees featuring projected seasonal motif designs. This sense-oriented experience helps elevated the mindsets of guests before they move to the session spaces. Deloitte Greenhouse offers various themed rooms like one area where people can host open discussions, regardless of title or position. The flexible environment helps users to spur creativity and generate new perspectives.

Deloitte Greenhouseは、クライアント企業のCxO(経営幹部層)がチャレンジングな経営課題に対し解決策を探る様々なセッションを行う施設で、世界の25の国と地域で展開している (2020年現在) 。日本で開設するにあたり、ゲンスラーは空間に茶道の心「和敬清寂(和らいだ心で身分関係なく互いに敬う)」のコンセプトを落とし込み、日本らしさを表現しつつ、新しいアイディアを誘発する空間を演出した。

Deloitte Greenhouseには暗闇のトンネルを通って入室する。トンネルの両脇には季節のモチーフがプロジェクターで投影された竹林が茂る。普段感じられない体験を通し、参加者は気分を切り替え、イノベーティブな考えでセッションに挑むことができる。施設内には、目的に合わせて選べるバラエティに富んだ空間を構築。役職に関係なく自由な対話を生む空間、自由な発想を促す空間、気を落ち着かせる空間など、様々な視点で課題と向き合える柔軟な環境を形にした。

業務内容 インテリアデザイン
サイングラフィック
デジタルエクスペリエンスデザイン