1 of 5
1 of 5

Katayama Holdings Headquarters

Tokyo, Japan

片山ホールディングス株式会社

東京都

Katayama Holdings opened a headquarters office in Tokyo that will serve as a base for its domestic and international employees to collaborate and gather. Uniquely, this co-working space does not have a single desk — instead, it is equipped with a café counter, meeting rooms, and flexible, open areas that can be adjusted to support different needs and types of events. Additionally, a no-shoe policy is aimed at preventing the spread of COVID-19 in the workplace.

The “Triangle” concept used throughout Katayama Holdings' corporate headquarters is inspired by the number three, a nod to the brand’s three corporate philosophies as well as the three-wheeled bicycle. The shape is used as a design motif and also inspired conference room names, such as “Onigiri” and “Tent.” The collaboration area’s arch-shaped shelves are decorated to express the brand’s ambition for this Tokyo office to serve as a bridge between the company’s global employees, technology, and culture. Gensler also designed the new Katayama Holdings logo and printed collaterals.

グローバルに展開する自動車部品事業をはじめ、多角的に業務を拡充している片山ホールディングスは、国内外の社員が集まり、コラボレーションをする為の拠点として東京にオフィスを開設した。

通常のオフィスと大きく異なる点は、一般的な執務デスクが一つもないこと。 用途に合わせてレイアウト変更可能なオープンエリア、カフェカウンター、会議室や集中エリアを中心とした、コワーキングオフィスのような空間とした。 また、コロナ対策としてオフィス全体を土足禁止にした。

片山ホールディングスらしさを表現する為採用したデザインコンセプトは「トライアングル」。 3つの経営理念、3輪自転車など、3を連想させる片山ブランドの要素からインスピレーションを得た。 デザインモチーフに三角形を用いた他、会議室名にも「おにぎり」や「テント」といった“トライアングル”な名前を採用した。 コラボレーションエリアに設置したアーチ型の棚には片山ブランドを表現するアイテムを配置し、グローバルに活躍する同社の社員や技術、カルチャーの架け橋(アーチ)となる拠点にしたいという想いを込めた。

ゲンスラーはワークプレイスデザインに加え、刷新した片山ホールディングスのロゴや印刷物デザインも担当した。

業務内容
インテリアデザイン
環境グラフィックデザイン
ブランドデザイン