1 of 5

Baxter Japan

Tokyo, Japan



In relocating its Tokyo office, this innovative healthcare company sought a research-based workplace that would represent the company’s forward-thinking style. Through a workplace survey, interviews with executives and space utilization analysis, the design team developed an understanding of how Baxter works and what its future space needs are. The design team took an activity-based workplace approach to increase not only individual focus work productivity but also team synergy and collaboration. The open plan supports the predominantly free-address workplace and provides diverse choices for employees – from private to open and collaborative. A circular passageway encourages cross-departmental interaction and provides access to a range of amenities, including a café/lounge that can accommodate large gatherings.

医薬品、医療機器及びバイオテクノロジー業界で世界をリードするバクスターは、革新的な企業に相応しい働き方をサポートできるオフィス創りを目指し、オフィス移転を機にリサーチに基づいたワークプレイス戦略の確立を目指していた。 設計を担当したゲンスラーは、ワークプレイスサーベイやエグゼクティブインタビュー、スペース活用度調査等の手法を用いて、バクスター社員の働き方を分析する事から始めた。

ワークプレイス調査の結果、個人が集中して仕事を行えるプライベートなデスクからカジュアルにミーティングの行えるオープンなエリアまで、多種多様な空間を用意したオープンプランを提案。 フリーアドレスを採用するほとんどの社員が自分のタスクに応じて働く場所を自由に選べる環境とした。 また、フロア全体を回遊するように作られた“サーキット”と呼ばれる動線上にはコピーやメールルーム、電話ブースなどのサポート機能を配し、社員が活発にオフィスフロアを移動しながら部署・部門を超えたコミュニケーションが図れるような仕組みも考えた。 200人収容可能なカフェ・ラウンジスペースはトレーニングやミーティングなど、大規模なイベントが行えるフレキシブルな空間とした。